カーペット編

インテリアクワハラ

電話をかける

営業時間:9:00〜19:00 定休日:木曜

カーペット編

1.汚れの元を取り除きます。

水溶性の汚れなら、まずはティッシュや乾いた布で吸い取ります。バターなどの固形の汚れなら、フォークなどで取り除きます。いたずらに水で濡らしたり、こすったりして、汚れの範囲を広げないことが大切です。

2.何の汚れかを知った上で対処します。
原因によって除去方法は異なります。住宅内での汚れの原因は、大きくわけると水溶性の汚れ、油性の汚れ、泥に大別できます。原因を確かめてから、それに応じた対策をとってください。

3.洗剤などを使うときは少しずつ。
洗剤や、ベンジンなども、量が多いと汚れの原因になります。洗剤は水で薄めて、ベンジンは少しずつ慎重に使って下さい。汚れがとれた後、綺麗な雑巾で洗剤分を取り除くことも忘れずに。あせって洗剤やシミ抜き剤を大量に使うと、逆に汚れを広げます。尚、洗剤は中性洗剤をご使用下さい。それ以外の洗剤を使用するとパイルが変色することがあります。

4.汚れを広げない。
汚れの周囲から中心に向かって拭くようにします。汚れを広げないように注意して下さい。

5.漂白剤や消毒剤は使用厳禁。
どちらもカーペットの変色をまねいたり、汚れやすくなったりします。

素材によっては専門家に
カーペットによっては取り扱いがデリケートなものがあります。カーペットの隅で色落ちチェックするのはもちろん、とくに高価なシルクやウールの手織りカーペットなどは専門家に相談してください。



掃除機の吸い込み口をカーペットに力いっぱいおさえつけていませんか。カーペットをこするのは逆効果。毛を起こして、パイルの根元に空気を通すようにして、奥にひそんだホコリを吸い取ります。カーペットには毛並みがありますから、まず始めに毛並み方向に、そして次に毛並みの逆方向に、二度がけするのが理想。時間のない時は、毛並みの逆方向にのみかけてください。

毛並みの方向を知るには?
一般的には手でなでてみて、カーペットの色が薄くなるほうが毛並みの方向。カーペットの色が濃くなる方向(毛並みの逆)に毛を逆立てるようにすると、ホコリがとれやすくなります。

家庭内でのカーペットのシミの原因別の取り方です。

部分汚れの原因

※ウール製品には塩素系漂白剤、酸素系漂白剤を使わないこと。
※ここでいうアルコールは、市販の消毒用アルコール(エタノール)のこと。


高価なシルクやウールの手織りカーペットなどは専門家に相談してください。

その他ご案内

オンラインショッピング

ネット販売限定商品や、目玉商品などをお家にいながらお買い物ができます♪

ブログ

カーテンやリフォームなどでよくあるお悩みをピックアップしました。施工後のお客様のお声も掲載しています。

お手入れ方法

商品のお手入れ方法をご紹介。

ブログ

新商品の入荷情報など日々更新中。
BLOG(旧ブログ)を見る方はコチラ。